ツボクサを国産原料で製品化男女兼用・全身スキンケア美容液【つぼくさ基礎水】を紹介!!

↓詳しくはコチラ↓

 

<目次>

 

\つぼくさ基礎水とは?/

「ツボクサ」から抽出したエキスの保湿成分に注目し、ツボクサ専門農園の国産農薬不使用のツボクサを最大限配合した「つぼくさ基礎水」です。

韓国コスメで注目の美容成分シカエキスをたっぷり配合した「つぼくさ基礎水」。

ツボクサ専門農園が丹精込めて育てた国産・無農薬のツボクサを使ったツボクサエキス(シカエキス)を最大限配合。

さらにアーユルヴェーダハーブの女王「ホーリーバジルエキス」も配合したアーユルヴェーディックコスメです。

化粧水としてはもちろん、ボディウォーター、スカルプケアなど幅広くお使いいただけます。

 

\話題のシカ(CICA)って何?/

学名 Centella asiatica(センテラ・アジアチカ)の愛称で、ツボクサ(ゴツコラ/ブラフミー/雪積草)を指します。

美容分野ではこのCICA(ツボクサ・ゴツコラ)に含まれるマデカッソシドという成分が注目を集めています。

美容医療が進んでいる韓国のスキンケアコスメの成分として取り入れられたことで、日本でも韓国発シカコスメ人気に火がつきましたが、高級化粧品の原料として世界中でCICAが利用されています。

肌に水分を与え乾燥を防ぎ、肌にハリを与えキメを整えます。

とろみのあるテクスチャーですが、肌にサッと浸透するので、ベタベタしません。

性別・年齢問わず使える柑橘系のアロマの香りで、清涼感のあるリラックス効果のあるオイル(グレープフルーツ果皮油、オレンジ油、レモングラス油)を配合しました。

※柑橘系の精油は水蒸気蒸留法による抽出のため、光毒性の心配はございません。

 

 

\シカ=ツボクサとは?/

 セリ科の植物ツボクサはアーユルヴェーダ(インド古来の健康法)で最重要のハーブの一つとされており、エイジングケアハーブの代表的なものとして用いられてきました。

漢方では「積雪草」として用いられ、ヨーロッパでは1800年代後半から取り入られてきたハーブです。

近年、WHO(世界保健機構)が「21世紀の驚異的薬草」であり保護すべき重要な薬用植物の一つと発表したことから世界の注目を集めています。

また、野生の虎がケガをしたときに自ら身体にすり込むという言い伝えから「タイガーハーブ」とも呼ばれています。

 

 

\こんな方におすすめです!/

エアコンで乾燥しやすい

マスクで乾燥や肌荒れが気になる

おうち時間を利用して肌ケアしたい

CICAケアが気になる

化粧品の強い香りは苦手

スカルプケア(頭皮マッサージ)したい

ボディの保湿ケアをしたい

パートナーや家族とシェアして使いたい

 

 

↓詳しくはコチラ↓

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。