Qu2525’s blog

世の中に数多く存在するサイトの中で、特におすすめな商品や情報を紹介しています!!

MENU

世界最大級のゲームサイトSteam公式!最高のVR体験を!【VALVE INDEX】を紹介!!

世界最大級のゲームサイトSteam公式!最高のVR体験を!【VALVE INDEX】

↓詳細はコチラ↓

Valve Indexはまるで現場にいるような仮想現実を味わえる、VRシステムでVR限界を極限まで高めています。

VRの概念が変わる、想像を超えたリアルさに驚愕されます!

 

\より美しいディスプレイを目指して/

valve-index-headset-a-stunning-display

・最適化されたピクセルレイアウト

ヘッドセットに採用された片目1440×1600のRGB LCDはOLEDに比べてサブピクセルが50%多く、同様のレンダリングコストでよりシャープなビジュアルを提供することが可能になりました。

これに加え、OLED に比べ 3 倍も優れたフィルファクターが、スクリーンドア効果を軽減させます。

 

・より高いフレームレート

120Hzで動作するValve Indexヘッドセットは90Hzへの後方互換性があり、試験的な144Hzモードも搭載されています。

より高いフレームレートがリアリズムと視覚的な安定性を向上させ、長時間でも快適なセッションを実現します。

 

・極めて少ない残像

VALVE INDEX ディスプレイは点灯時間を 0.33ms~0.53ms(フレームレートに依存)に短縮することで、第一世代の PCVR ヘッドセットと比べて残像感を 5 倍改善し、頭を動かしてもじっと立っている時と同じシャープさを保ちます。

 

\より広視野角なVR世界を/

valve-index-headset-see-more-than-ever-before

・最適化された視野角

視野角を向上するためには、可能な限りレンズを瞳に近づけることが効果的です。

VALVE INDEXヘッドセットでは、装着する人に合わせてIPD (瞳孔間距離) とレンズから瞳までの距離の2点について物理的に調整することが可能であり、視野角を最適化することができます。

 

・デュアルエレメントレンズ

VALVE INDEXヘッドセットに装備されたカスタムレンズは、鮮明さを失うことなく視野角を最大に広げます。

高い幾何学的安定性で、頭部だけでなく目を動かすことで輪郭を弯曲させることなく、周囲を見渡すことができます。

 

・斜度のある光学レンズ

ヘッドセットのディスプレイはユーザーの目に対して垂直ではなく、外側に向かって 5 度傾いています。

これにより、内側の視野角バランスを調整しながら外側の視野角を広くすることができます。

 

\パワフルサウンド

valve-index-headset-powerful-full-bodied-sound

・オフイヤーで没入

VALVE INDEXヘッドセットのスピーカーは耳に接触しない形状でデザインされています。

このデザインによりバーチャルサウンドが頭の中からではなく、外気を通って耳に届くため、より自然な形で音響を体験することができます。

 

・長時間でも快適

物理的な接触がないため、長時間の装着でも快適です。

スピーカーの位置も最も聞き取りやすい場所へ調整をすることが可能です。

 

・近距離フラットパネルスピーカー

VALVE INDEXヘッドセットのスピーカーは、180度に近い分散パターンで周波数帯をすべてカバーします。

また、耳の位置に合わせてスピーカーの位置を上下左右に調整することが可能であるため、音響の品質を損なうことなく多様な耳と頭の形状に対応することができます。

 

\快適なつけ心地/

valve-index-headset-comfort-for-everyone

・頭のサイズ・形状に合わせて調整

VALVE INDEXヘッドセットは頭のサイズ、IPD(瞳孔間距離)、レンズと瞳の距離、耳の位置に合わせて調整して装着することが可能であり、個人に最適化することができます。

 

・抗菌素材

頭と顔に接触する部分の素材は柔らかく抗菌性があり、お手入れも簡単です。

また、人間工学に基づいてデザインされたパッドが圧力を均等に分散させます。

 

・簡単に交換できるフェイスパッド

ヘッドセットについているクッションパッドは磁気で固定されているため、取り外し清掃や交換が簡単です。

 

\メーカーによるメーカーのためのデザイン/

valve-index-headset-designed-by-makers-for-makers

・カメラ

VALVE INDEXヘッドセットには、コンピュータービジョン用に作られたステレオとグローバルシャッターRGBカメラが含まれており、高品質のステレオパススルーアプリケーションにも対応可能です。

 

・フロント拡張スロット

ヘッドセットのフロントカバーを外すとFrunkという愛称で呼ばれるコンパートメントがあります。

コンパートメントにはUSB 3.0 Type-Aポートが設けられており、サードパーティーによる拡張デバイスや自社開発した拡張デバイス等にご利用いただけます。

 

\コントローラ/

・より自然な動作を反映

VALVE INDEXコントローラーでは、トリガー操作による疑似的な動作でなはく、実際の動作をVR上の物体に反映させます。

現実世界と同じようにピースサインをつくることや、手を広げて物体を手から放し地面に落とすことが可能です。

 

・センサフュージョン

左右各コントローラーには87のセンサーを搭載し、手の位置や指の位置、手振り、そして圧力を測定しユーザの意思をVRに反映します。

全ての信号と、微調節されたソフトウェアとアルゴリズムによって、プレイヤーの手の動きをより精確に判定します。

 

・投げる

自然かつ正確に投げる動作をVR上で再現することを目指しました。

光学センサーとモーションセンサーが速度と軌跡を、静電容量式センサーと力覚センサーが意図した解放点を割り出します。

これが自然で直観的な投げる動作につながります。

 

\手にフィットするハンドストラップ/

valve-index-controller-adjustable-and-secure

・手に持たないコントローラ

調整可能なハンドストラップを採用し、持たずに手に装着するコントローラとなりました。

ストラップの固定は簡単で、あらゆる手の形状に合わせて調整することが可能です。

安定感のあるストラップのサポートで握ることから解放されるため、VRに集中できます。

 

・長時間でも快適

装着するコントローラーは握り続ける必要がないため、VRセッション中にも手のひらをリラックスさせ、休憩をとることができます。

他の VALVE INDEX 同様、ハンドストラップは抗菌性・透湿性があり、お手入れも簡単です。

 

\これまでも、これからもコントロールする!/

valve-index-controller-gaming-inputs

・標準的なゲーム入力も可能

コントローラーにはボタン、トリガー、スティックが搭載され、すべてのSteam作品に利用することが可能です。

 

・握力を感知

コントローラのメインボディはグリップ入力であり、搭載された力覚センサーが軽いタッチから強く握りしめる動作まで幅広く検出します。

つかむ・投げるなどの VR 内での動作が改良される他、握る・握りつぶすなどの新しい動作が追加されます。

 

・トラックボタン

楕円形のトラックボタンには、力覚センサーと静電容量センサーが搭載されており、トラックパッド、スクロールホイール、あるいはシンプルにボタンとして利用することができます。

力覚センサーによりつまむ、押すなどの動作が可能となり、さらに触覚フィードバックが操作感覚を指に伝えます。

 

VR体験空間をより広く/

valve-index-base-station-more-coverage

・範囲とFOVの拡大

2台のBase Station 2.0を利用いただくことにより、従来品と比べ400%も広いVR空間をお楽しみいただけます。

 

・拡張性

Base Station 2.0は設置数を追加することが可能です。

3台目を追加することで、いままで検知できなかった部屋の一部分もカバーすることができます。

さらなる空間拡大が必要であれば、4台目を追加し、最大10×10メートルまで拡張できます。

 

\ミリメートルの動きも捉える/

valve-index-base-station-the-best-tracking-improved

・レーザートラッキング

VALVE INDEX ベースステーションは、固定レーザー光線による1秒間に100回のスキャンでヘッドセットとコントローラー上の光センサーを追跡します。

 

・さらなる適合性

全方向点滅器を持たず単一コードのレーザー掃引でスキャンするBase Station 2.0は他のIRデバイスと共存が可能となり、デプスカメラやモーションキャプチャーシステムからの優れた耐性を誇ります。

 

世界最大級のゲームサイトSteam公式!最高のVR体験を!【VALVE INDEX】

↓詳細はコチラ↓