動画オンライン審査×ホール対面審査を新たに採用【全日本弦楽コンクール】を紹介!!

↓詳しくはこちら↓











\全日本弦楽コンクールとは/


・趣旨

1.趣旨弦楽学習者および弦楽指導者の学習・研究の一つの目標となること。

2.音楽文化の全国的な普及。

3.優れた音楽的才能の発掘・育成。

4.音楽コンクールの可能性への追求。


主催、後援・協力(全国大会)


主催一般社団法人 日本音楽協会
運営株式会社huhu
後援・協力




・特徴


指導者/参加者/応援者 三者で作る開けた弦楽コンクール


全日本弦楽コンクールは、日々練習に励む参加者を応援している方々が楽しめるように、また一人でも多くの応援者を増やせるように工夫いたします。


「公平性」「透明性」の追求


全日本弦楽コンクールは、公平で客観的な評価を実現できるよう、「公平性・透明性の確保」を重要な特長と位置づけています。

  1. 審査員は、日本全国の優秀な演奏者・指導者より選抜し年齢や地域に偏りが無いように配慮します。
  2. 本選審査に際しては、1名の演奏に対し8名の審査員が10点満点で採点し、最高点と最低点をカットした上で平均点順にて得点・順位を決定。偏りを極限まで無くすように配慮します。
  3. 演奏番号による審査の偏りを無くし、何度でも演奏を確認する事ができるよう配慮します。
  4. 本選については、全ての方が演奏内容と審査結果を照らし合わせる事が出来るように、演奏映像と審査結果をwebサイトにて公開します。

審査員と参加者を結ぶ「採点票」


単に点数をつけて参加者を選抜することに留まらず、審査員と参加者(その背後にいる指導者や保護者)とのコミュニケーションを重視し、各審査員のアドバイス用紙「採点票」を交付しています。






\2021年度 開催概要開催部門・審査/


幼児から一般参加まで7つの対象からなる部門。

優れた音楽的才能を発掘・育成し、より一層の切磋琢磨を奨励するとともに音楽を愛する一人でも多くの方にスポットをあてることで、音楽文化の発展を目指しています。

また、公平性・透明性を追求し、オンライン×ホールでの動画審査という新しい審査方法を採用した全国規模の弦楽コンクールです。






◆大会日程◆

大会種別場所開催日/受付期間(海外)審査方法
予選北海道・東北 7月1日~8月31日動画審査
予選 関東 7月1日~8月31日 動画審査
予選 中部 7月1日~8月31日 動画審査
予選 関西 7月1日~8月31日 動画審査
予選 中国・四国 7月1日~8月31日 動画審査
予選 九州・沖縄 7月1日~8月31日 動画審査
予選 海外 7月1日~8月31日動画審査
全国大会東京・杉並公会堂 11月30日ホール演奏×動画審査






◆部門 / 料金 / 持ち時間◆


2021年4月2日の時点で下記の資格を満たしている者。

部門料金:予選 料金:本選
幼児部門7,700円(税込)11,000円(税込)
小学生低学年部門
(小学1~3年生)
8,800円(税込)12,100円(税込)
小学生高学年部門
(小学4~6年生)
9,900円(税込)14,300円(税込)
中学生部門11,000円(税込)15,400円(税込)
高校生部門12,100円(税込)16,500円(税込)
大学生・院生・一般部門13,200円(税込)17,600円(税込)
アマチュア部門
※18歳以上で音楽大学に在籍または卒業していないこと。
9,900円(税込)15,400円(税込)






◆持ち時間〈詳細〉◆


1.級毎に分数制限があります。

2.予選の映像は分数制限内にカットしてご提出してください。

3.本選は演奏が分数制限を超えた時点で演奏を終了して頂きますが、審査に影響はありません。

4.本選・予選ともに持ち時間は同じです。






◆演奏曲目◆


1.予選、本選、いずれも自由曲。

2.クラッシック音楽以外の曲、楽譜が出版されていない曲、自作曲、複数の楽譜を組み合わせる等は不可とします。

3.予選・本選は同じ曲(楽章)を演奏してもかまいません。

4.短い1曲のみの演奏や、短い曲を2曲~3曲組み合わせる事もできます。(本選はエントリー後の曲変更はできません)

5.複数の楽章を組み合わせる事や、組曲、変奏曲を抜粋することもできます。申し込み時に抜粋や省略などの記載がなくても、審査に影響はありません。ただし、楽章が未記入の場合は第一楽章からの演奏となります。

6.自由曲制のため、見本になる曲目一覧はありません。得意な曲、好きな曲などを自由に選択してください。






◆審査方法◆


予選は動画による審査です。

ご自身で撮影し、動画を提出(Youtubeなどにアップロードしていただきます)

予選の結果は、約10日後にお知らせいたします。

本選はホールにて演奏していただきます。

ホールでの審査と、当日撮影した動画による審査を合わせて審査いたします。

本選の結果は、ホール演奏から約10日後にサイト上にて発表いたします。






◆審査員について◆

審査員は、十分な指導・演奏経験を積んだ指導者・演奏者で、コンクール事業部審査員選考委員会から承認された音楽家が務めています。






◆伴奏者について◆


予選:各自で手配

本選:各自で手配、もしくは事務局が伴奏者を紹介することも可能です。伴奏者リストをご確認ください。

料金:幼児・小学生 15,000円 中学生~ 18,000円 ※前日1時間リハ+本番






◆伴奏者リスト◆


ピアニスト坂本真由美 紹介ページ

ピアニスト正住真智子 紹介ページ

ピアニスト本多昌子 紹介ページ

ピアニスト山田剛史 紹介ページ






◆LIVE配信◆


本選はLIVE配信を行います。(※LIVE配信のアーカイブは残しません。)






◆表彰◆


幼児部門 金賞・銀賞・銅賞

小学校低学年部門 金賞・銀賞・銅賞

小学校高学年部門 金賞・銀賞・銅賞

中学生部門 金賞・銀賞・銅賞

高校生部門 金賞・銀賞・銅賞

大学・院生・一般部門 金賞・銀賞・銅賞

趣味(アマチュア)部門 金賞・銀賞・銅賞






◆審査基準◆

カテゴリ配点項目
表現力5.0響きの美しさ、拍節感、自発性など
音楽の構成力3.5メロディと伴奏のバランス、デュナーミク、テンポなど
演奏の正確性1.0暗譜の精度、音程など
曲の難易度0.5各級相応の選曲






\その他/


申し込み手続きについて


  1. 先着順に申し込みを受け付けます。
  2. 申し込みが定員を超えた場合、エントリーページを閉じることがございます。
  3. 申し込み内容の変更・訂正は所定の期間内に手続きした場合のみ可能です。
  4. 申し込みのキャンセルはできませんのでご了承ください。欠席、参加辞退の扱いとなります。

演奏当日について


  1. 参加票で指定された受付時間までに会場にお越しください。演奏時間の指定、変更はできません。
  2. 審査順番は事前に機械による無作為の抽選で決定し、開催日14日前までにwebサイトで発表します。
  3. 審査開始の10分前までに所在の確認が取れない場合は、遅刻または棄権と判断します。「遅刻」と判断された場合、実施事務局と審査員の判断により、演奏順番の変更、平均点からの減点などが課されることがあります。
  4. 運営上の都合により、規定された時間内であっても審査員長の判断で演奏の一部をカットすることがありますが、採点には影響しません。
  5. 事前の登録と異なる曲目を演奏した場合、失格となります。

演奏の著作権・撮影・録音など


  1. 全日本弦楽コンクールで行われる演奏についての録音・録画・撮影などの記録および頒布・販売に関するすべての権利(著作権、肖像権も含む)は、主催者である全日本弦楽コンクールに帰属するものとします。
  2. 会場内の撮影・録音は主催者が指定した者(業者)以外は原則禁止です。

結果の公表と表彰、褒賞について


  1. 審査結果(入賞者の氏名、写真、採点結果等)は、HPにて掲載いたします。また、審査結果を新聞等マス・メディアに提供する場合があります。
  2. 当日のプログラムに参加者の氏名・学年等が記載される場合があります。
  3. 本選入賞者の学校には本部事務局より学校長宛に入選報告書を送付します。
  4. 優秀な成績を収めた方は、ほかのコンクールへの推薦、各種ご案内(入賞者記念コンサート、公開レッスン等)を送付することがあります。




↓詳しくはこちら↓