おうち時間にムダ毛ケア!セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【脱毛ラボ・プロエディション】を紹介!!家庭用なのに”サロン”でも使われている機器です!

↓詳しくはこちら(公式サイト)↓

おうち時間にムダ毛ケア!セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】












◇脱毛ラボ・プロエディションの特徴◇



脱毛ラボプロエディションの口コミや効果は?サロン開業レベルの家庭用 ...


まず、脱毛ラボプロエディションの基本情報からみていきましょう。

公式サイトに記載されていない「脱毛方式」や「本体サイズ」についても詳しく記載しているので、ぜひ目を通しておいてください。



価格109,989円
キャンペーン価格99,990円
※ 13,295円相当の無料プレゼント + 最大1,000ポイント贈呈
使用可能部位おでこ・こめかみ・小鼻・鼻下・左右もみあげ・顎周り上下・左右うなじ・左右乳輪周り・両胸・お腹・へそ周り上下・わき・腕・足・手足の甲・指・背中・左右ヒップ・Vライン・Iライン・Oライン
脱毛方式IPL方式(フラッシュ脱毛)
照射面積・標準実装ハンドピース : 10mm × 30mm
・オプションハンドピース : 10mm × 20mm
照射回数120万発
レベル調整5段階
サイズ・重量・本体 : 高さ320cm × 横223cm × 幅252cm /重量1,570g
・ハンドピース : ヘッドのみ重量 220g / コード込み重量 475g
付属品脱毛器本体・ハンドピース・ACアダプタと電気コード・ホクロ隠し用シール・ゴーグル・ヘアバンド・取扱説明書(保証書付き)
保証1年間(セルフサロンに使用する場合は保証なし)
カラーバリエーションピンクのみ



従来機である「脱毛ラボ ホームエディション」と、新発売された「脱毛ラボ プロエディション」の大きな違いは、主に以下の3つです。

  • 最大出力が11ジュール
  • 1秒間に6連射が可能
  • 照射部分を直接冷却できる

脱毛ラボホームエディションは1㎠あたり2.9ジュールとなっていたため、1照射あたりの最大出力は10ジュールでしたが、脱毛ラボ プロエディションは1㎠あたり3.67ジュールとなっており、1照射あたりの最大出力は11ジュール。

脱毛サロンで取り扱っている業務用の脱毛機器が1㎠あたり3ジュールとなるため、よりサロン脱毛レベルの照射出力が自宅で実現します。

また、脱毛ラボ ホームエディションの連射機能は1秒ごとに1ショットのスピードでしたが、脱毛ラボ プロエディションをレベル1で使用した場合、1秒間に6連射が可能です。

従来機よりも速いスピードでムダ毛のお手入れが実現。

出力やスピードが上がっても、照射部分を直接冷やすための冷却機能が備わったので、脱毛ラボ ホームエディションよりも、痛みに配慮した作りとなっています。




↓詳しくはこちら(公式サイト)↓

おうち時間にムダ毛ケア!セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】






◇脱毛ラボ・プロエディションの口コミは?◇



脱毛ラボプロエディションの口コミは?


脱毛ラボ プロエディションは、2021年9月4日に発売されたばかりの商品です。

公式サイトで紹介されている体験者の声はモニターとなるため、実際に購入した人の口コミ評判はまだ出回っていません。

脱毛ラボ プロエディションの性能を見極めるために、従来機である脱毛ラボ ホームエディションの良い口コミと、悪い口コミを見ていきましょう。




◆良い口コミ・評判◆


サロン脱毛に近い効果が実現すると話題になった脱毛ラボ ホームエディションですが、実際に次のような声が挙げられていました。




買って良かったです。

9歳の子供と使うために購入しました。毛深くてお友だちに無邪気に『毛がいっぱい』と言われたりしていて、本人が気にするようになり、夏でも隠すためにハイソックスを履くので、まだ早いのではと迷っていましたが思い切って購入しました。時々シェーバーで剃ってはいましたが、すぐにチクチクしてきて娘とお風呂に一緒に入った時など私自身が気に成る程でした。こちらを使って二週間ほどになりますが、生えてくる毛が柔らかく?まばらになりチクチクは気にならなくなりました。生えてくるスピードも変わりました。本人もとても嬉しいようです。その様子に私自身も、高い買い物でしたが買って良かったと感じております。
引用元:楽天市場




快適です。

vioは毛が太いので痛みがないか不安でしたが、レベル1から試し打ちしてみて、結局レベルMAX5であててもチクッとする程度で痛みという痛みはありませんでした!痛いのが苦手なので安心しましたホッ(*´Д`*)冷却機能もよく効いていて、苦痛じゃない程度の冷たさです。冷たすぎない保冷剤を当ててる感じです。ショット数については、私は毛量薄めですが、脚、腕、手の指、vio、お腹、胸、顔にあてて1100ショットでした。かなり長持ちしそうです(^-^)!
引用元:楽天市場




とうとう買いました!

注文後すぐに届き、早速使い始め3回目です。既に生えるのが遅くなっている部分があります!(友達も少し前に購入して効果を実感しているとの事です。)長年の悩みだったうなじがキレイになる日を夢見て・・・ひとりでうなじの処理は大変ですが頑張ってます!レベル5で照射してますが、一瞬熱いと思うとすぐに冷却機能が働き、後のお手入れしなくても何も問題ないのが楽です。
引用元:楽天市場




操作が簡単で使いやすいです

注文して、すぐに届きました。まだ、使い始めたばかりですが、ほぼ、痛みも無く、操作も簡単です。足や脇に使用してみました。部位によっても違いはあるものの、毛の生えるスピードが、遅くなっているように感じます。皮膚を触った感じも、すべすべになっているようです。今後、さらに、いろいろな部位にチャレンジしてみます。
引用元:楽天市場




◆悪い口コミ・評判◆


続いてご紹介するのが、脱毛ラボ・ホームエディションの悪い口コミです。




サロンには劣る

やっぱり効果はサロンに行くより劣る。2週に1回照射してもほぼ変化ない。部分的に薄くなったところはあるかな?くらいです。わたしは肌が白い方です。痛みはなく、ちょっとあったかいくらいです。
引用元:楽天市場




使ってみました

まだ使ったばかりで効果はわかりませんが、ほくろが多いと、そこをシールで隠してからの施術になるので、それがセルフの面倒くささです。施術してから、若干ヒリヒリした感覚がありましたが、数時間後にはなくなりました。
引用元:楽天市場




初めてホームメンテンスとして購入しましたが・・・

コロナもあり気軽にサロンに行くことが出来なくなり、CMでもよく目にしていたので購入してみました。濃い毛にはよく聞いている気がしましたが腕など薄い毛にはあまり効果がない様子。
サロンに行けるんならサロンに行った方が良いですが今のご時世的にもこれで我慢しています。

引用元:みん評




◆口コミまとめ◆


脱毛ラボ・ホームエディションの良い口コミ評判と悪い口コミ評判には、それぞれ異なる意見があります。

良い口コミと悪い口コミのポイントを、わかりやすくまとめてみました。



良い口コミ

・痛みが少ない

・毛の成長スピードが遅くなる

・操作が簡単



悪い口コミ

・サロン脱毛よりも効果が劣る

・脱毛後に肌がヒリヒリする

・薄い毛に効果を感じにくい



脱毛ラボ ホームエディションには、照射面のまわりを冷却する機能が備わっているため、痛みを感じにくい人が圧倒的に多い印象です。

また、サロン脱毛が導入している業務用脱毛機器に近いジュール数を実現したことで、毛の成長スピードが遅くなるといった減毛効果を早く実感できるケースも少なくありません。

一方、悪い口コミの一部には、サロン脱毛よりも効果が劣るといった声も。

さらに脱毛後は肌がヒリヒリとしたり、薄い毛には効果を感じにくかったりするといった声が挙げられます。

感じ方には個人差があるため、賛否両論あるのは当然かもしれませんね。

脱毛ラボ ホームエディションに限らず、サロン脱毛や医療脱毛であっても「効果の出方」「肌リスク」に関しては、人それぞれであることを理解しておく必要があるでしょう。




↓詳しくはこちら(公式サイト)↓

おうち時間にムダ毛ケア!セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】






◇脱毛ラボ・プロエディションの効果は?◇



脱毛ラボプロエディションの効果は?


ここからは、脱毛ラボ・プロエディションの効果についてみていきましょう。

従来機である「脱毛ラボ ホームエディション」とわかりやすく比較するためにも、5つの項目を検証しました。

では、具体的な内容について一つ一つチェックしていきましょう。




◆検証①脱毛効果は高い?◆



脱毛効果は高い?


脱毛ラボ プロエディションは、照射レベル1〜5までの5段階設定があります。

最も出力の高いレベル5で使用した場合、1照射あたりの最大は11ジュールです。

脱毛ラボホームエディションの、「最大10ジュール」よりもパワーアップしたのがわかります。

そのパワーは脱毛ラボサロンで導入している業務用脱毛機器「PSクリプトン」に、遜色ない脱毛効果を実現します。




◆検証②痛み対策がアップしてる?◆



痛み対策がアップしてる?


従来機の脱毛ラボ ホームエディションは、オレンジ色の照射口まわりしか冷却できなかったため、照射レベルを上げると痛みや熱さを感じたり、脱毛後に肌がヒリヒリしたりするケースがありました。

一方、脱毛ラボ プロエディションは照射口自体を冷却できる「クリスタル冷却」が搭載されています。

この機能が新たに加わったことで、照射パワーを引き上げても強い痛みを感じにくいのが特徴的です。




◆検証③使い勝手は?短時間で脱毛できる?◆



使い勝手は?短時間で脱毛できる?


脱毛ラボ プロエディションは、従来機で「見やすい」「わかりやすい」と評判の良かったディスプレイ機能を引き継いでいます。

しかも、そのままの状態で後継機に採用するのではなく、脱毛ラボサロンと同じモニターディスプレイに進化しました。


・冷却設定

・連射設定

・パワー設定


これらの機能は、ボタンを押すだけで誰でも簡単に操作できます。

残りのショット数も液晶パネルにわかりやすく表示されるため、面倒な操作は一切必要ありません。

また、従来機を上回る連射機能が搭載されていて1秒間で6ショットといった早技によって、脱毛のお手入れにかかる時間は平均して10分ほどです。

凹凸のある手足の指や顔のお手入れも、高性能タッチセンサーがしっかり反応し、ストレスを感じません。




◆検証④コスパは良いの?◆



コスパは良いの?


脱毛ラボ プロエディションは、従来機の脱毛ラボ ホームエディションと比較すると、販売価格がやや高額です。

しかしながらコスパを確認してみたところ、脱毛ラボ プロエディションの方が圧倒的に良いといえます。

なぜなら、照射できる回数に違いがあるからです。


・脱毛ラボ プロエディション → 120万発(0.08円/1ショットあたり)

・脱毛ラボ ホームエディション → 30万発(0.2円/1ショットあたり)


脱毛ラボ プロエディションなら、1照射あたりのコストが0.08円です。

全身のお手入れに1,000発照射したとしても、たった80円しかかかりません。

サロンで全身脱毛した場合、18回コースで20〜30万円といった費用が発生することもありますが、このようなケースと比較すると1 / 3000のコストです。




◆検証⑤バスト・フェイシャル・VIOケアができる?◆



バスト・フェイシャル・VIOケアができる?


新たな機能が加わった脱毛ラボ プロエディションには、1台3役の目的別ケアを実現する別売りハンドピースが存在します。

このハンドピースを使えば、以下の部位のお手入れが簡単です。


・バスト(デコルテ含む)

・フェイス

・VIOゾーン


まずバストですが、ムダ毛はもちろん肌を滑らかな状態に導く美肌効果も期待できます。

また、VIOゾーンは標準実装よりもコンパクトな別売ハンドピースを使用することで、細かい部分までしっかりと狙い撃ちできます。

使い勝手の良いコンパクトなハンドピースは、男性のヒゲ脱毛にも適しています。




↓詳しくはこちら(公式サイト)↓

おうち時間にムダ毛ケア!セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】






◇脱毛ラボ・プロエディションに関するQ&A◇



脱毛ラボプロエディションに関するQ&A


脱毛ラボ プロエディションに関する、Q&Aをご紹介していきます。

購入前の疑問や不安解消に、ぜひ役立ててみてください。




Q.ホクロやシミにも照射できる?

A.脱毛ラボ プロエディションは黒色のメラニン色素に反応し、熱で発毛組織にダメージを与えるIPL脱毛を採用しています。
そのため、ホクロやシミは色素が反応して火傷等のリスクを発生させる可能性があるため、保護シールを貼らなくてはいけません。
シールを貼れば、問題なく脱毛することが可能です。




Q.毎日使ってもいいの?

A.使用頻度は、2〜8週間に1度を目安としてください。
毛の生え変わりサイクルである毛周期の「成長期」を狙って光を照射する必要があるため、毎日使っても良い変化は得られません。




Q.メンズ脱毛もできる?

A.女性専用ではないため、男性でも問題なく使用できます。
別売のハンドピースを上手に活用すれば、デザイン性のあるヒゲ脱毛にも最適です。
脱毛ラボ プロエディションの照射回数は、最大で120万発とたっぷり使えるので夫婦や恋人同士といったパートナーとの併用はもちろん、セルフサロンを開業してメンズ脱毛を始めたい人にもおすすめです。






◇まとめ◇


まとめ


脱毛ラボ・プロエディションの口コミや効果について、徹底調査した内容をお伝えしました。

この記事の結論をまとめると、以下の5つが重要なポイントになります。


・従来機よりも脱毛効果や痛み対策がパワーアップしている

・秒速6連射が可能になったことでサロン級のスピードを実現

・全身脱毛1回あたりのコスパが80円と格安

・脱毛ラボ プロエディションの効果的な使用頻度は2〜8週間に1度

・偽物と間違わないためにも購入はお得な公式サイトがおすすめ


使用頻度をしっかりと守り、継続して使い続けることで、理想とする減毛効果が得られやすくなります。

今回ご紹介した内容をぜひ参考にしていただき、脱毛ラボ プロエディションで目標の仕上がりを手に入れてくださいね。




↓詳しくはこちら(公式サイト)↓

おうち時間にムダ毛ケア!セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】